トップ / インプラントで歯を守ろう

歯を守れるインプラント治療

硬いものをしっかりと噛みしめて食べたいなら、インプラントに頼るのがおすすめです。入れ歯を装着する人が多いですが、入れ歯を装着する時には残った歯にバネをつけることになり、その歯に負担がかかってしまいます。そのうちにせっかく残された歯まで抜けてしまう事態に陥ってしまうことがあります。一方のインプラントであれば、他の歯に穴を開けたり、負担をかけるようなことはしません。歯のない部分に特殊な器具を埋め込んで、人工歯をつけるだけです。見た目がとても自然で、入れ歯と違い、若い人でも利用しやすいというよさがあります。

インプラントと骨移植

インプラントは、歯根ごと失われてしまった歯にかわり、あごの骨に金属のチタンでできた部品を埋め込んで、その上に人工の歯を装着するというもので、入れ歯などとは違って機能性にすぐれており、本物の歯と同様の感覚を得ることができます。しかし、あごの骨の量が少ない人へのインプラント手術は、歯の神経を傷つけてしまうなどの大きなリスクをはらんでいます。そのため、こうした症例では、患者自身の別の部位から骨を移植してきて、あごの骨の再生をうながす補助的な手術を最初に行うという手段によって解決を図ります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて考える. All rights reserved.