トップ / デンタルインプラントとは

デンタルインプラントについて

インプラントとは、広義的に体内に埋め込まれる器具を意味します。骨折したとき、骨を固定するためのボルトや心臓のペースメーカーなどが代表的ですが、歯科手術においては、虫歯や歯周病、または先天的に歯がない人の顎骨に埋め込む人工歯根のことを指し、正式名称をデンタルインプラントといいます。簡単に取り外しできる入れ歯や、近くの歯ごと被せ物をして、歯があるように見せるブリッジと比べると、相場は1本30万円と決して安くありませんが、義歯そのものが独立しているので、健康な歯に負担をかけることがありません。

インプラントで噛む機能性をUP

歯周病や虫歯によって歯を失ってしまう機会が、誰にでもあります。歯を失ってしまった場合に、見かけや機能性を上げるためにはインプラントをおすすめします。歯科によっては自身の歯の色と同じもので、形もぴたりと当てはまるものをオーダーメイドしていただけます。歯が無いところにネジを埋めて、人工歯を取り付けることで緩んだりズレたりすることが無く快適に利用することが出来ます。保険適用外となり、自由診療なため高額の治療方法になりますが、大切に使用する事でインプラントは半永久的に使えます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて考える. All rights reserved.