トップ / インプラント治療の内容は

インプラント治療の流れと期間

インプラントは失った歯の部分に新たな歯を作る治療法です。治療の流れとしては、初めに口なのかの状態をCTのレントゲン撮影や模型をとって精密に検査をします。残っている噛み合わせの状態や、骨の固さ、厚み、神経の位置などを把握して治療計画を立てます。それをもとに、人工の歯根を埋め込み手術を行い骨としっかりと固定できてから、人工の歯をかぶせる処置を行います。インプラント治療の期間としては一般的には2ヶ月から3ヶ月かかりますが、骨の具合などによっては、半年から1年かかることもあります。

インプラントのセルフケア

インプラントにはセルフケアがとても大切です。セルフケアには毎日のブラッシングが欠かせません。ブラッシングでは、接合している部分にプラークがたまりやすいため、接合部分の汚れを意識して落としていくことが大切です。また、歯磨き粉は研磨剤が入っていないものを選ぶことが傷つけないためには重要です。インプラントのケアには、歯間ブラシやフロスをしようすることで、ほとんどの汚れを落とすことができるのでお勧めです。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて考える. All rights reserved.