トップ / インプラントの基本を知ろう

インプラントとブリッジの違い

歯を失った場合の治療ではインプラントやブリッジがよく選ばれていますが、まずは治療内容の違いについて知っておきましょう。まずブリッジの場合は保険適用もでき、比較的治療費も安く抑えられます。そのかわり、被せものを被せるために、悪くない周辺の歯を削る必要があります。インプラントの場合は自由診療で行なわれていることが多く、まわりの歯に負担をかけずに治療できることが特徴で歯のなくなった部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込んで治療を行ないます。まわりの歯を削ることなく、しっかりと噛むことができ、審美性にも優れています。

インプラントとブリッジの違い

ブリッジとインプラントは両者共に入れ歯より安定性の高い技術として用いられていますが、それぞれで全く異なった性質を持っています。まず、ブリッジは失われた部分の両側に位置する歯を削り、支える為の土台として使う事で人工歯を固定する方法となる為、両側に健康な歯が残っている条件を満たす必要があります。一方でインプラントは1本の独立した人工歯根を歯茎へ埋め込む点で違いがあり、保険が適応されないので費用は高くなりますが、本来の歯に近い感覚を得られると同時に、健康な歯を巻き込まずに済む事が最大のメリットといえます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて考える. All rights reserved.