トップ / インプラントの基礎を知ること

インプラントとクラウンの違い

無くしてしまった歯を取り戻す方法にはいくつかあります。その中にはインプラントやクラウンといったものが含まれます。一見何が違うのかわかりにくいですが、この二つの治療法は全く異なります。その違いはというと、歯根が残っているかどうかというところにあります。インプラントでは、手術を行い顎の骨を削って金属の土台を埋め込み、その上に義歯をかぶせるという方法で義歯を装着しますが、クラウンでは虫歯になって削ってしまったり、事故などで欠けたりしてしまった歯に直接義歯をかぶせるという方法を用います。かぶせる義歯は金属や陶材など、値段によって色々な素材があります。

インプラントとクラウンの違い

インプラントとクラウンは、全く違います。クラウンとは冠のことです。虫歯などで、歯が削れてしまった場合に修復する方法の一つです。傷んだ歯をもとに土台をつくり、型をとり、上から冠をかぶせます。臼歯の場合、よく使われているのが金銀パラジウム合金という素材です。この素材をつかった修復は保険適用となります。これに対し、インプラントとは歯槽骨という骨に人工歯根と呼ばれるものを埋め込みます。症状により保険適用になる場合とならない場合があります。保険適用の場合でもかなりの金額がかかりますが、自分の歯と同じ感覚で噛めます。そのため、近年、人気が高いです。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて考える. All rights reserved.