トップ / インプラントのキホンを考える

インプラントと総入れ歯の違い

歯を失った治療方法のひとつに、インプラントがあります。これは、歯の根となる代わりにチタンの棒を骨に埋め込むもので、その上に歯をかぶせていくものになります。自分のもとあった歯に近いものになるため、見た目も手入れも今までとあまり変わりはありません。他に総入れ歯がありますが、取り外し可能な人工の歯を顎の上にのせます。このため顎の骨がやせやすくなり、手入れは義歯を取り外して洗浄する必要があります。インプラントは、簡単な手術が必要になるため費用がかかりそうです。それぞれ違いがあるため、歯科医に相談することが大切です。

総入れ歯とインプラントとの違い

歯の大半がなくなってしまった場合の治療法として、昔から行われてきたのが総入れ歯を使う方法です。総入れ歯は、歯茎の上にかぶせるようにして使用します。治療費が安く、治療期間が短い、手入れが簡単などのメリットがあります。そして、近年人気が出てきたのが、インプラントによる治療法です。インプラントは、人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上にセラミックなどのかぶせものを付けます。入れ歯のように噛む力が弱まることがなく、また、仕上がりの見た目も、天然の歯とほとんど変わらないことが人気の理由です。ただし、保険適用外なので、治療費が高く、また、外科手術を行うので、治療期間が長い等の違いがあります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて考える. All rights reserved.