トップ / インプラントは禁煙です

インプラントと喫煙の関係

インプラント治療を不安なく成功させるためには、手術の技術以外にも、患者自身で気をつけることがあります。まず、タバコを吸っている方は失敗の原因となる可能性が高くなります。喫煙をすることでインプラントに与える影響として、まず、感染症のリスクが高くなり、白血球の作用が低下するため、歯肉に炎症が起こりにくくなります。また、タバコの煙のニコチンにある血管を収縮させる作用が原因で、骨や歯周組織が弱ってはずれてしまうことにもつながります。治療を考えている方はまず喫煙を辞めることが大切です。

高精度のインプラント治療

インプラントを精度を向上させるために、ガデッドジェリーというシュミレーションソフトがあります。シュミレーションソフトから位置情報をマウスピースに取り込んで、インプラントのずれをほぼ無くして治療をすることができます。人間の感覚だけに頼るのではなく、シュミレーションソフトにより行うため、より高精度の治療を受けることができ、この方法で歯茎を切開したり、糸で縫ったりすることなく、出血をなくすことができるので身体に優しい知慮法です。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて考える. All rights reserved.