トップ / インプラントで噛める

失った歯を取り戻すインプラント

インプラントとは老化や虫歯などによって一度は失ってしまった歯を、新たな歯科技術によって人工的に再生するという手法です。具体的にはアゴの骨の部分に特殊な金属を接合して土台部分を構築し、その上に元の歯とほとんど変わらない人工の歯を取り付けるという施術が執り行われます。これまでは入れ歯や差し歯などによってしか代用できず、そのケアにも手間隙がかかる状態でしたが、この技術によって幾つになっても自分の歯で美味しく物が食べることが可能となります。インプラントを望む人は日本全国で大きな広がりを見せています。

天然歯に近い状態のインプラント

インプラントは、天然の歯に近い状態に噛む力が復活するので、健康な歯を取り戻す治療として良い方法です。噛む力が戻るので、食事も美味しくなり、硬い食べ物でも、安心して噛むことが出来ます。良く噛んで食事をすることは、歯の問題だけでなく、体の調子が良くなる秘訣でもあります。健康的な歯があると、良く噛んで胃腸で消化できるので、体の負担も少なく、栄養の吸収も良くなるので、大量を維持することにも役立ちます。インプラントは、見た目も目立たず、普通の白い歯の様に見えます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて考える. All rights reserved.