トップ

インプラントと部分入れ歯の違い

インプラントの場合、あごの骨に土台を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けることで固定しますが、部分入れ歯の場合には、人工の歯の両端に付いた金属を他の歯で支えることで固定するため、他の歯に影響を及ぼす恐れもあります。使用面でも違いが存在し、インプラントは自然な使い心地で食べ物の食感などをしっかりと感じることができる他、しっかりと固定されていることで外れたりする心配が無いという特徴があります。それに対し、部分入れ歯の場合には、食べ物の食感を感じにくかったり、使用中に外れやすくなるといった場合もあります。

部分入れ歯とインプラントの違い

部分入れ歯とインプラントの大きな違いは健康な歯へのダメージです。部分入れ歯とは、健康な歯に金具をひっかけて固定します。取り外しができるため、便利なように思えるかもしれませんが、金具を健康な歯に引っ掛けることでもともと健康な歯だったところが影響を受け、余分な力がかかり、かえって口の中の状態を悪くしてしまう恐れがあります。インプラントは、人工歯根と呼ばれるものを歯槽骨に植え込む方法です。欠損部分だけに必要な歯を植込みます。そのため、健康な歯にダメージを与えません。しかも、物を噛むときの力のかかり方も、均一のため、自分の歯と同じ感覚で噛めます。このような利点があるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて考える. All rights reserved.